Bag's Kco Gym

Bag's Kco Gym(バッグス ケーコ ジム)による日常的生活記録です。
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
山P好きな友へ
山P
渋谷で見かけました。
何を隠そう夫も山P好き。鼻にかかった声が好きらしい。
髪型がジョーじゃないな〜とか言ってたけど、ジョーの髪型をそのまんま再現したら
コントになっちゃうからね〜
| ヒューマン | 01:42 | comments(3) |-| pookmark |
実家のアイスコーヒー
実家のコーヒ
隠れファンが多い、私の母ネタです。ネタといっても、ま、見たまんまですね。私にはこういう状況ってあり得ないというか、不思議でならないんですよ。油性ペンで書く前に全体のバランスを考えてからきっちり収まるようにイメージをすると思うんだけどなぁ。
| ヒューマン | 12:53 | comments(6) |-| pookmark |
丸山キャンプ・昔話おじいさんと頂上編
丸山2010春キャンプ

ぐずぐず天気の先週末はテントの中で漫画(岳)を読みふけってました。
キャンプ場管理人のおじさんの鼻もグズグズで体調が悪そうでした。
管理棟でまったりと緑茶をすすりながらしてくれた、おじさんが少年だった頃の丸山や武甲山の話が面白かったです。

70年近く前、丸山には道も通って無く、本当に何にも無く、杉の苗を植えに行くおじいさんにくっついて丸山に来ては暇を持て余していた。それで、おじいさんに、「頂上まで登ってこい。高い方、高い方へ登っていけば、頂上に着くから。」と言われ、途中でかなり不安になりもしたが、その通りに登ったら、確かに頂上に出た。その当時でも、東京方面から登山に来られる方がちらほら居り、登山者は頂上で見かけた少年を心配し、いくつかの質問を投げ掛ける。ここは何山で、あっちは何山で、むこうは何山で、その隣は何山か?スラスラ答える少年を見て安心をし、飴玉を渡す。秩父では見たこともないような飴玉を貰い、少年は飴玉欲しさに度々、丸山山頂へ出掛けるようになった。めでたしめでたし。

おじいさんのとこで、ウケました。

| ヒューマン | 16:42 | comments(3) |-| pookmark |
母の手
母の手1
大宮の実家へ遊びに行ってきた。赤飯、鱒の味噌漬け、竹の子と豚バラの味噌煮、漬け物、でさらっと昼食を済ませ、緑茶を飲みながらまったりしていると、なにやら母がごそごそとやり始めた。何度か噛まれた(挟まれた)ようで、「痛っ、痛っ」と言いながらも夢中で土をほじくり返していた。農家のおじいさんに貰ったというカブトムシの幼虫は全部で4匹いた。頼んでもいないのに全匹見せてくれた。毎日、掘り返しては触っているらしく、幼虫もそれを嫌がるかのように逃げ足が速い。あっという間に潜ってしまう。

母の手2
母が幼虫を手のひらに乗せ、フンフンと顎を軽く突き出しながら私に合図を送ってくる。乗っけてあげるから手のひらを出せって合図なんだろうが、いいよと断る。絶対に言われると思ってた「持ってく?あげるよ!」にも、サナギになった頃、また見に来るよと断った。なんでも、大人になってから見ると小さく感じることが多いけど、カブトの幼虫は違ったな。えっ!こんなに大きかったっけ?毛生えてたっけ?
| ヒューマン | 03:00 | comments(4) |-| pookmark |
トモダチコレクション
ともだち
小学生男児のトモダチコレクションの一員となった私

そこそこ似ていて思わず笑ってしまった。
限られたパーツを組み合わせて、そこそこレベルまで似させられるというのは、
そもそも、日本人の顔なんて大差ないってことなんだろうなと思う。
各パーツの数はみんな同じだし、ほんの数澄大きい小さいとか、
寄ってる離れてるとか、上がってる下がってるとか、それだけの違いなのにね。
それが生身の人間となると、どうも悩むんだよな・・・悩んできた。
体型が気になりだしてからは、顔はどうでもよくなってきつつあり、
さらにその先には、体型も顔も気にしないという世界が待っているのだろうか?

話が逸れましたが、トモダチコレクションは面白いのかい?
| ヒューマン | 14:25 | comments(2) |-| pookmark |
予言者
鳥

ん・・・刺青を入れた人が沢山いて、それが空から降ってくるぅ〜

昨夜の私の寝言だそうだ。
もしも当たれば、私は予言者になれる、かもね。
| ヒューマン | 13:45 | comments(0) |-| pookmark |
今朝のMc
mc

朝散歩の途中、コーヒーを飲もうとマックに立ち寄った。贔屓にしている駅前のマックはいつも従業員の数が少ない。比較的空いてる店だから、普段はそれでも構わないが、電車に遅れがでていたり、運休していたりすると、電車待ちの人達で、一つのレジの前に行列ができてしまうことがしばしばある。今朝は電車のそれ+レジ担当(マネージャーだった)の方が、なんと70歳に手が届きそうな女性であった。機敏で的確に仕事をこなされているが、通常のマックのスピード感はない。少々イラッとしながら順番を待ち、その女性の動作を自然と目で追う。すると、客1人1人に対して丁寧な挨拶をしているではないか。名刺交換の時のような、あるいはもたいまさこさんが映画の中でするような、姿勢良くゆっくりとしたお辞儀をしながら、ゆっくりと「おはようございます」も言っている。丁寧な挨拶にはそれなりの挨拶を返さないと失礼というかなんというか、私もマックの従業員へ初めてかしこまった「おはようございます」を言った。

1時間ほど経過し、店はいつもの落ち着きを取り戻す。客は私と気難しそうなお爺さんのみで店内はガラガラになった。マネージャーは御盆を拭いたり、モップがけをしている。そこへ、別の若い女性マネージャーが姿を現す。あぁ、あの方は午前10時までなんだな。この店は午前6時30分開店だから、早番なのか。あ、とうとうお爺さんも立ち上がり帰り支度をし始めた。私もそろそろ・・・帰るかな。

「あら、またお散歩ですか?杖をお持ちでないですが足は良くなったのですか?」
お爺さんに声を掛けたのはまたしても、あのゆっくりとした口調のマネージャーだった。無言であったがお爺さんも満更でもないような表情をしていた。さて、もう帰ろう・・・私も店を出た。思わず長居をしてしまった今朝のマックであった。


| ヒューマン | 15:29 | comments(2) |-| pookmark |
祐子と弥生
s&u
小学校の頃からの友達と後輩と新丸ビルのワインバーにて
話す内容は下ネタ中心ですがーーー
辛く苦しく暗く悲しく嫌な話題も笑い話に変えてくれます。
| ヒューマン | 08:34 | comments(3) |-| pookmark |
これは・・・
マネキンおかっぱ

鳥じゃなくて人間がびっくりします。
| ヒューマン | 15:06 | comments(0) |-| pookmark |
これがデジカメズームの限界よ
ジェイソン

ジェイソン案山子
| ヒューマン | 08:43 | comments(0) |-| pookmark |
ちょっといい話
ゴーヤ
ピ〜ンポ〜ン♪
Kさんという方がビニール袋いっぱいの野菜を持ってきてくれた。
もしかして、この人がよく義母の話に出てくる「ゴーヤのKさん」か?
私の知ってる限り、Kという名字はこのKさん一人きりだ。
確信に近いものを持って、
「あ、どうもありがとうございます。いつもゴーヤを沢山いただいてるみたいで・・・
何だか、すみません。」
受け取ってお礼を言うと、そのKさんは
「もらっでくれで、ありがとうごぜいます。ゴーヤは今日・・・」
と黒目だけを下に向けて、ビニール袋の中を覗いていた。
そして、足早に帰って行った。自転車を飛ばして。

もらってくれてありがとう・・・ぶるっと身震いしてこの人すごい!と思った。
私の頭の片隅ではいつまでも「もらってくれてありがとう」がぐるぐる回り続けた。

ーーーいい話には続きがあってーーー

ビニール袋には、胡瓜とトマトが沢山、ゴーヤが1本、入れられていた。ひょろ長くて、
緑色の薄いゴーヤだった。梅雨に逆戻りしたかのような天候続きのせいだろう・・・すると、5分も経たないうちに、

ピ〜ンポ〜ン♪
また、Kさんだ。どうしたんだろ?

Kさんの手には1本のゴーヤが握りしめられていた。

ーーーおしまいーーー

え?私がゴーヤの話を持ち出さなければ、再度、収穫の少ないであろうゴーヤをわざわざ持って来なかったって?そうでしょうよ。でも、それではいい話の続きは生まれなかった、と思うことにしよう。
| ヒューマン | 01:32 | comments(0) |-| pookmark |
よいしょの会
どっこいしょ
よいしょの会・会長

30代後半になってから、「よいしょ」がごく自然に滑らかに口から出るようになった。
始めのうちはまだましで、立ち上がったり、座ったり、遠くの物を取ったりと全身を使う動作でその言葉が出ていたのに近頃はそうじゃない。飲み会でこの話題になったとき、友人0は「よいしょならまだまし、俺なんて、たまにどっこいしょだよ」とかなり上を行ってたし、夫がノートブックパソコンを開く時によいしょと言うのを私は何度も聞いている。友人Tが手を洗う時、ハンドソープボトルのノズルを押すだけなのによいしょと言うのも私は聞き逃さなかった。つい先日もパン屋の店員さんがお会計の時、菓子パンを小袋に分けてテープで留めながら、う〜ん、よいしょ、う〜ん、よいしょ、レジからお釣りの小銭を取り出しながら、よいしょ、よいしょと連発し、私と夫は同じ事を言いたげに目を合わせ、口をすぼめ、鼻をふくらませ、堪えた。きっとあの人も同世代だったんだろうな。私の父母たちの世代になると、よいしょも進化して、その言葉自体が消え去り、屈む時なんか「う゛・ぅぅ〜」「ぁ・ぁぁ〜」「え゛ぇ・ぇ〜」「あ゛・ぁ〜」と腹の底から力強く濁った声を出し始める。さすが先を行っている、よいしょの次はこれか、それともその間にまだ何かあるのか?
| ヒューマン | 16:00 | comments(0) |-| pookmark |
自転車屋のおじいさん
徳島・小男鹿
徳島銘菓「小男鹿」(さおしか)
もっちりしてて美味しかったです。

昨日、自転車で浅草〜蔵前まで買い出しに行くぞ!と大きなリュックを背負って出掛けようとすると、自転車の前輪がぺったんこになっていた。
近所の自転車屋のおじいさんに見せて、前後輪のバルブ(ゴムの部分だけ)交換をしてもらった。タイヤの中のゴム浮き輪みたいなのも、水の中に入れてパンクチェックをしてくれた。色んなところが錆びていたから、油も沢山差してくれた。はじめは前輪のバルブ交換だけで千円だったのに、おじいさんが私のボロ自転車が気になりだしたのか、あとから、「ここも、あそこも、」となり、結局色々とメンテナンスしてくれたのである。それでも全部で千円でいいと言うので「追加の部品代は払いますよ。」と言ったら、「いいよ〜それより、あんた!油ぐらい差さないと動かなくなっちまうよ!」と怒られた。久しぶりにおじいさんに怒られ、嬉しいというか心地良くて、深く反省した。

その自転車屋さんは今ではもう店頭に自転車は並んでおらず、修理だけやってるような店です。いつも、おじいさんとおばあさんがマッサージ器の上に足を乗せてガラガラさせながら、テレビを見ています。が、手際はめちゃくちゃ良かったです。
| ヒューマン | 11:45 | comments(2) |-| pookmark |
双子の不思議
ペンギン
友達が突然やって来た。
日暮里のトマト(生地屋さん)に用があったのだが何故か休みだったらしい。
リュックを背負って抱っこして、双子の娘さんのうち一人だけ連れてきた。
(もう一人は家で旦那さんとお留守番)
後ろと前で担ぐことなんて小学生の下校時、ジャンケンで負けて
ランドセルを何個も持たされて以来やってない。
今日は割とすぐに慣れて、おんぶと抱っこをさせてくれたけど、
10圓舛腓い諒っこは辛いなぁ。
二人だと20堋兇─連れてくるのは難しいだろう・・・
一人は左利きで左ほっぺに「えくぼ」があり、
もう一人は右利きで右ほっぺに「えくぼ」があるそうだ。
二人並べると左右対称。なんだか神秘的だ。
| ヒューマン | 23:08 | comments(2) |-| pookmark |
その名はガングリオン
ガングリオン

このムチムチした物体は私の手であり、丸く囲っている部分の出っ張りがガングリオンです。手首を使う人にできやすいそうで、中には透明のゼリー状の物質が入っています。以前出会った女流パチプロの方もこれができていたなぁ。パチンコ打つ時って手を固定しているだけかと思いきや、結構手首に負担かかっているんですね。
良性で殆ど痛みもないため(押せば少し痛い程度)放っておくことが多くて
気になったときにたま〜に注射器で抜いてもらっています。
外科の先生はいつも「綺麗なのが出ましたよ〜」とそのゼリー状の物質を見せてくれます。またちょっと大きくなってきちゃったので、そろそろ抜かないと・・・でも注射器が大の苦手なんでグズグズしてます。
| ヒューマン | 19:06 | comments(3) |-| pookmark |
ライフセーバー
大浜のライフセーバー

いい大人になってから誰かに叱られたり注意されたりすると、
たとえ自分が悪かったとしても一瞬、カチンときてしまいます。
そして後で反省するという素直じゃない大人って(自分も含めて)多いと思います。
先日、海で何度となくライフセーバーに注意されました。
さすがにカチンとはきませんでしたが「大丈夫なんだけどな〜」なんて気持ちがあって軽く受け流していました。でもすぐに「早め早めに対処してもらって有り難いことだ」と思い、安心感にもつながりました。ついつい自分は大丈夫だと油断してしまうんですよね、気を付けないと!
| ヒューマン | 11:00 | comments(0) |-| pookmark |
ハワイの伯母さん
ハワイの叔母さん
お祖母ちゃんの様子を見に来日しています。ヒロ(ハワイ島)に移り住んで40年、日本人というよりもハワイアンに近いです。本人も日本は便利だし何でもあるけどもう日本には住めないと言っていました。日本を愛し日本に住む者としては少し寂しくも思えましたがそういう伯母さんの気持ちもよく解ります。そんな時はあまり複雑に捉えずに何処でも生きているだけで丸儲け!と考えるようにしています。「今度、星を見に来なさい。昼間はビーチでゴロゴロして。」という言葉が胸にぐっさり突き刺さってます。ちょっといい話ふうになってきて最後に落とすつもりはありませんが、「車はトヨタが最高ヨ〜」とも言ってました。
| ヒューマン | 00:24 | comments(6) |-| pookmark |
弱気なズーム
川久保玲

昨日のつづき・・・明日もつづきますよ〜
丸の内仲通り、通称ブランド通りでコムデギャルソンのデザイナー、
川久保玲さんをお見かけしました。
普段あまり物事に動じないのですけど、すごい緊張感が走り、
「気付かないふり、ふりっ、平然と、とっ、いつも通りに、にっ、、、」
とピクピクしながら後ろ姿が小さくなって右に曲がって見えなくなるまで、
ちらちら見てしまいました。
すみません!こっそりと撮らせていただきましたー。
※これでもズームです!飛行船よりも小さいわ〜
| ヒューマン | 21:46 | comments(0) |-| pookmark |
| 1/1PAGES |